川越の五ツ星お米マイスターのいる米 小江戸市場カネヒロのお米

毎日沢山のお米が埼玉県内と他県からも入荷いたします。最近、入荷が多く少し待ってもらっている業者さんもありますが、どんどん買っています。

全国からたくさんのお米のご注文頂き社員一同心より感謝申し上げます。

美味しいお米今日も沢山旅立ちます。

店内にも精米機がございますが、敷地面積600坪の米屋でコイン精米機も完備

楽々にお買い物できます。

日本人は昔は玄米を主食としてきましたが、都市部では江戸時代以降、精白米を食べるようになりました。その結果ビタミンB1が欠乏するようになり、脚気(かっけ)という病気が増え「江戸わずらい」と呼ばれた。明治時代に入ると白米を食べる習慣が地方にも広がり脚気が全国的な問題となりました。玄米はビタミンB1だけでなく、その他の栄養素も豊富なことから、近年は玄米が再び見直されてきています。ただ、玄米は精白米に慣れた人にはボソボソ感があることから食べ難く、また消化もよくないので、精米の程度を調整した5分づき、7分づきなども市販されています。試してみたい人は、いきなり玄米ではなく、七分づき位からをお勧めします。 


川越の五ツ星お米マイスターのいる米屋 小江戸市場カネヒロ's Ownd

五ッ星お米のマイスターのいるお店です。   ㈱ライスセンター金子 雑穀エキスパートがいるお店です。 (株)ライスセンター金子 は埼玉県の 生活サポート産業成長支援事業 に認定されました。 地元のお米「河越米」の生産を増やしブランド化を図るとともに、 河越米を使った加工品を開発、提供します。 高齢化した農家を支援し、河越米の6次産業化により地域の高 齢者の雇用を増やします。 農

0コメント

  • 1000 / 1000